最高の納骨堂で人生で最後のイベントを迎えよう

葬儀

タイプ

葬儀場 納骨堂と言っても世の中にはたくさんの種類があります。特に近年では費用を抑えて、デザイン性が優れている納骨堂が増えてきています。選ぶ際にはどういった種類があるのか知っておくようにしましょう。

人生最後のイベント

お寺

命あるものは必ず亡くなります。これに例外はありません。わたしたちは人生の節目に対して儀式を行ないます。そして人生最後の儀式となるのが葬儀です。最後の儀式ということで悲しみは大きいものですし、費用もかかってきます。ただ、葬儀が終わればすべてが終わりというわけではありません。葬儀の後には骨をどうするか考えなければなりません。
昔から一般的になっているのはお墓に納骨をするということです。しかし、お墓を持つということは費用もかかりますし、維持をしていく必要もあります。自分が亡くなった場合にはその後に残された家族がお墓を継承していかなくてはなりません。継承させていくのは簡単なようで簡単なことではありません。
ただ、近年では納骨する場所をお墓ではなく、納骨堂を選択する人が増えてきています。
納骨堂というのは建物内に納骨できるスペースを設けているところです。ロッカー式になっているところから仏壇式になっているところもあります。様々な種類がありますのでニーズに合わせた納骨堂を利用することができます。昔の人は納骨をするのはお墓という固定概念がありますが、時代はどんどんと変化しています。自分のことではありますが、自分以外の人が関係してくることです。そのため、どのような納骨方法にするか?どこの納骨堂を選ぶか?ということは、自分だけではなく家族と十分話し合って決めるようにしましょう。そうすることで、誰にも負担がかかることなく人生の最後を迎えることができます。

どこにするか

霊柩車 納骨堂は全国にありますので、どこに納骨するか考えなければなりません。同じ納骨堂でも様々なプランがありますので、しっかりと検討して、自分の目で確認してから決めるようにしましょう。

お参りのポイント

棺桶 お墓へ納骨した場合にはある程度お参りの方法はわかりますが、納骨堂へ納骨した場合にはどうすればよいのかわからない人も多いでしょう。そういった人達の為にお参りをするときにポイントをお教えします。